ブログ

HOME» ブログ »不倫に「正解」はないからこそ、すべて自分

ブログ

不倫に「正解」はないからこそ、すべて自分

「夫に不倫を知っていることを伝えた方がいいか」
「夫に不倫をやめてほしいと言った方がいいか」
「夫が出ていくと言った場合、
引き止めた方がいいか」


不倫が発覚すると、
常に頭の中は、
夫のことでいっぱいになってしまいますよね。


で、
「これを伝えたら夫はどうするのだろう?」
「これをしたら夫は何て思うだろう?」
「夫は離婚したいのか?」
という風に、
「夫は…」
「夫が…」
と夫の気持ちや言動ばかりを気にしてしまいます。

そう、全て他人軸

他人軸だと、他人の言動に振り回されてしまうので、
常に自分の気持ちはグラグラです。

これでは、どんどん辛くなってしまいますし、
解決できるものも解決は遠くなってしまいます。


立花凛人生の岐路

「夫に不倫を知っていることを伝えた方がいいか」
「夫に不倫をやめてほしいと言った方がいいか」
「夫が出ていくと言った場合、
引き止めた方がいいか」

これらの場合、
「夫に不倫を知っていることを伝えた方がいいか」
→自分が伝えずにいて苦しくないか。
苦しいのなら伝えよう

「夫に不倫をやめてほしいと言った方がいいか」
→自分の気持ちとして不倫をやめてほしいか。
やめてほしいなら伝えよう

「夫が出ていくと言った場合、
引き止めた方がいいか」
→やりたい放題の旦那さんが出て行って、
少し気持ちが穏やかになるなら、引き止めない。
出て行ってほしくないのなら、引き止める。

そんな風に、
自分の正直な気持ちを考えてみてくださいね。


きっと、多くの方は
「自分の気持ちを探る」ということをせずに
人の気持ちばかりを考えてこられたのだと思います。

でもね、本当は一番大切なことなんです。

今までの結婚生活を後悔しないためにも、
やり尽くしてくださいね。


もちろん、
やみくもにやれというのではありません。
タイミングやリスク等はありますので、
悩んだ時はご相談くださいね。


1日も早く平穏な日々が戻りますように…

2023/07/26

ブログ