ブログ

HOME» ブログ »依存と愛③

ブログ

依存と愛③

随分と期間があいてしまいましたが、依存と愛の続きになります。

 

依存と愛①

依存と愛②

 

なかなか自分で、依存なのか?愛なのか?

を見極めるのは難しいかもしれません。

 

しかし、人が苦しんだり悩んだりするのは、

「依存」があるということがほとんど

 

それは、夫だけでなく、お金も、友達も、環境も…

みんな一緒

 

 

もしも、あなたが旦那さんに依存をしていないとしたら、

「夫自身が幸せになるために離婚を選らんだのなら、

残念だけど仕方ない…」

「私のことを好きではない人と一緒にいるのは私がかわいそうだ」

「すぐに離婚は難しいけれど、離婚の準備をしていこう」

「親としての責任、社会的な責任だけはきちんととってもらおう」

 

そんな風に思えるのではないかな?と思います。

 

しずく

愛…見返りを求めない。

相手に対して、○○してあげたい。一緒にいたいという

おもいやりの気持ち。

 

依存…見返りを求める。

相手を手放したくないという自己的な感情

 

もちろん、今まで何年、いや何十年と一緒にいた夫婦ですもんね。そんな簡単にはいかないかもしれません。

 

しかし、いつまでも

「夫が○○してくれればいいのに」

「夫のあそこが嫌だ」

「不倫したのは夫なのに」

と夫の言動ばかりが気になり、夫に求めたり、

責めたりしていてはなんの解決にもなりませんよね。

 

きちんと自立をしている人なら、いつまでも夫に執着せず、

離れることを選ぶはず。

(離婚という選択だけではありません)

しかし、離れることなく、文句を言いつづけたり、

モヤモヤし続けたり、何かを求めるというのは、

その人に依存している状態

 

精神的に自立している人ほど、

人に対して、不平不満は言わないはず

 

 

自分以外の人やものをどうしたら変えるか?よりも

 

どうしたら自分がイライラしたりせず、

穏やかに過ごせるかにフォーカスしてみる。

そうすると、もう答えは出ますよね?

 

 

もちろん、依存を手放すって、簡単なことではありませんし、

不安な気持ちもわかります。

 

しかし、本来、人はどこでも、誰とでも生きていけるし、

いつからだって、そんな自分になることは可能です。

 

そんな自分になれた時には、きっと周りの状況は大きく変化しているはずですよ。

 

2019/07/09

ブログ

COUNSELING
カウンセリングメニュー/料金

BOOK
カウンセリングブック

VOICE
クライアント様の声

REQUEST
探偵?弁護士?

MESSAGE

MEDIA メディアの方へ
コラムなどの執筆のご依頼も承っております。

HOME

メルマガ会員登録

お知らせ

夫婦再構築の秘訣

特定商取引法に基づく表示

カウンセリングブック