ブログ

HOME» ブログ »夫の不倫。「不倫はやったもん勝ち?」

ブログ

夫の不倫。「不倫はやったもん勝ち?」

不倫って、された側としては深い深い傷を負い、この上ない苦しみや悲しみに襲われます。

 

ただ、それだけなく、理不尽な扱いを受けたり、過去のある事、ない事を並べられたり、

無視や暴言、人として扱われていない…

生活費などをストップされ、生活自体を追い込まれたり…

 

不倫をしたという事実はどこへ行ってしまった?

というような現実を突きつけられている方も本当に多いです。

まさに「途方に暮れる」ですよね…

 

そういう状況になってしまうと、

つい「私が悪いのかも?」と思ってしまいがちですし、

今の辛い状況さえも、麻痺して普通に感じてしまうもの

 

しかし、それは決して違いますので、

まずはきちんとあなたがあなたを守ってあげてくださいね。

(関連記事はこちら)

 

そして、思い通りにならない事納得のいかない状況でも、

その中で、自分ができる事を一つ一つやるしかない時も、もちろんあります。

 

しかし、できることをやっても、

どうにもならない状況ってありますよね

 

 

・慰謝料請求をしたけれど、相手が全く動じない

(無視をしている・馬鹿にしたような金額を提示してくる)

・不貞行為を起こした夫が、平気な顔で離婚調停を申し立ててくる

・相手女性も慰謝料だけ払って、何食わぬ顔で夫の関係を続けている

・そもそも、全く悪いと思っていないし、普通に生活をしている

・慰謝料を払いたくないために、自己破産する

 

たくさんのクライアント様のお話を伺っていますが、そのような方はやはり多いです。

悲しみ

 

実際に私も、当時、女性に慰謝料請求をし、

金額も決まりあとは誓約書を交わすだけという時に相手に逃げられましたし、

その後、訴訟を起こしたタイミングで、相手が家賃滞納や税金を払っていないことも判明し、

(なんと自分の弁護士費用も払っていなかった)

裁判の判決までいったとしても、結局は税金の支払いが優先だったりで…

判決がただの紙切れ1枚で終わってしまうかもしれないという

事実を突きつけられたこともありました。

 

結局、変な話で、お金がない人が強かったり、

不倫をしたもの勝ちなんだと自分を惨めに感じた時もありました。

 

 

しかし、そのお金がなくて勝った女性、あるいは不倫をして勝った女性になりたいか、

その女性のように生きていきたいかといったら、

絶対になりたくないし、その女性のように生きていきたくは

ありません。

 

私は、相手の辛さを分かる人でありたいし、

日陰の女性でありたくはない。

正々堂々と、胸を張って生きていきたい。

いつも心から笑って生きていきたい。

そう思うのです。

 

 

だから今、

どうにもならない状況に追い込まれているあなたも、

納得のいかない結果を突きつけられているあなたも、

相手に対して、悔しい思いをしているあなたも、

 

あなたはそのような人たちのようになりたいか、

そのような人たちのように生きていきたいか、

考えてみてくださいね

 

 

この問題って、結局自分がどうしたいのか。

自分がどう生きて生きたいのか。

そこなんだなと改め感じる今日この頃

 

みなさんにとっても、心穏やかな週末になりますように…

蓮の花

 

2018/01/27

ブログ

COUNSELING
カウンセリングメニュー/料金

VOICE
クライアント様の声

REQUEST
探偵?弁護士?

MESSAGE

MEDIA メディアの方へ
コラムなどの執筆のご依頼も承っております。

HOME

メルマガ会員登録

お知らせ

夫婦再構築の秘訣

特定商取引法に基づく表示