ブログ

HOME» ブログ »負けるが勝ち

ブログ

負けるが勝ち

『夫は家事が得意です。

たまに食事を作り、

子供たちに「パパのご飯は美味しいだろ〜」と

得意げに言われると私のことを批判されているようで辛かった。

その頃から夫婦の関係はうまくいっていませんでした』

そう涙ながらにおっしゃるクライアント様

 

一生懸命やっていたからこその感情ですよね。

 

私も以前は「戦う女」でしたので、

お気持ちはよく分かります。

とにかく「悔しい」の一言ですよね

 

キッチン

先日、我が家でも似たようなことがありました。

 

家事か得意ではない私と、得意な主人

 

たまに料理を作ってくれるのですが、

とにかくたくさんの食材と、手間暇をかけて作ってくれます。

そして、美味しい

 

先日も出汁からこだわったお味噌汁とおかずを作ってくれました。

お味噌汁はとにかく好評で、みんなお代わりをして完食。

とにかく主人は嬉しそう♡

 

そして、翌日。

私は友達と食事の予定があり、

簡単に(笑)夕食の準備をしていきました。

(お味噌汁はいいかなと)

がっ!!

お味噌汁がなかったので主人が作ったと

そして、翌日

 

「自分たちは美味しいものを食べているのに、

味噌汁も作っていかなんだよな〜」

「みんな味噌汁がおいしいというからまた作ったよ」

 

以前の私なら、つい批判されたような気持ちになり、

「負けた」

「悔しい」

そんな感情を抱いていたかもしれません。

 

しかし、今は

「また美味しいの作ってくれたのね。ありがとう」

「子供たち喜んでいたでしょう。パパの味噌汁おいしいもんね〜」

そんな返答を返しました。

 

主人もまんざらでもない様子。

 

そして、その翌日。

またお味噌汁とご飯を作ってくれました。笑

 

そう、主人は、

私が味噌汁を作っていかなったこと、

そして友達と食事へ行ったことはどうでもよく、

自分の味噌汁が美味しい・子供に好評だということを

『すごいね。ありがとう。助かったよ』

そう言ってほしいだけ

 

私に完璧を求めているわけではなかったのですよね。

 

きっと、先ほど批判されていると感じていたクライアント様も

一緒ですよね。

批判されていると思うと、

それだけでどんどん関係が悪くなってしまいますもんね

 

男性心理を知っているのと知らないのとでは、

その後の夫婦関係が大きく変わってきます。

 

女性が認め、褒めることで、

男性の気持ちも満たされる。

 

そして、また与えてくれる。

 

私たち女性も楽だし、本当に良いことづくめ

 

結婚生活においては「負けるが勝ち」

 

こちらで、男女の役割はしっかりと学べます。

 

 

なぜか負けているのに、

私が「行きたーい」と言ったオイスターバーへ

連れて行ってくれます(笑)

 

オイスターバー

 

2019/11/14

ブログ

COUNSELING
カウンセリングメニュー/料金

BOOK
カウンセリングブック

VOICE
クライアント様の声

REQUEST
探偵?弁護士?

MESSAGE

MEDIA メディアの方へ
コラムなどの執筆のご依頼も承っております。

HOME

メルマガ会員登録

お知らせ

夫婦再構築の秘訣

特定商取引法に基づく表示

カウンセリングブック