夫婦再構築の秘訣

HOME» 夫婦再構築の秘訣 »既婚男性が本気になる時 まさか…真面目な男性が不倫をする心理

夫婦再構築の秘訣

既婚男性が本気になる時 まさか…真面目な男性が不倫をする心理

 

真面目な男性が不倫をする心理

「真面目な人だったんです」

「不倫なんてするような人ではありませんでした」

「女性に興味がないと思っていました」

そのように

真面目だった夫の不倫に驚く妻はとても多いです。

 

真面目な夫だったので、

妻の方も「まさか不倫」をしているとは疑いもせず、

不倫に気づいた時には、

普通に3年4年経っていた…

いや、8年も不倫を続けていたという、

「不倫期間が長い」というのも特徴

 

真面目な男性の特徴は

「几帳面・細かい・仕事熱心・趣味が少ない・恋愛経験が少ない・口下手」ので、

妻も気づかず、不倫が成り立ってしまうのです。

 

この真面目な人というのは、

心の底にある本当の気持ちを抑圧し、

表に出さないための防衛策としていることが多いです。

 

日常生活においても、

自分の強い意思で何かを成し遂げようとすることは少なく、

その場その場で、相手に合わせている。

 

不倫に関してもそのような感じなので、

男性が猛烈アピールをしたというよりも、

女性の方が積極的で不倫が始まった。

(自分の強い意思がないから流される…)

 

そして、不倫相手の女性とも別れる理由がないので、

自分からは別れを切り出すことができず、

何年も不倫が続いている。

(真面目な人は、人に迷惑をかけたり、嫌われたり、

軽蔑されたり、見放されることに耐えられない)

 

真面目な人は、

自分の本心を無視して、

人に認められるために生きてきた人

 

自分の本心を抑えているため、

不満や生きづらさが心の底に堆積していく

 

それが爆発して、社会的な問題へと発展していくことも多いです。


雨

基本的には、社会的な常識があるはずの真面目な男性ですが、

どんな時に不倫に走ってしまうのでしょうか?

 

・仕事で強いストレスを感じている時

真面目男性ほど、弱音を吐いたりはしないもの

「家族のために」「会社のために」と頑張り続けている時に不倫をしたりします

 

・部下や同僚から相談された時

真面目な男性の不倫相手は同じ職場。ということが、

圧倒的に多いです。

真面目な男性ほど、悩んでいる女性には弱いもの

相談に乗っているうちに、意識するようになったり、

女性の方からアプローチがあって、一生懸命な女性を無下にすることができずに、関係を持ってしまうことも

 

そんな真面目な男性ですが、

「離婚するつもりはなかった」という男性が多いというのが特徴です。

だからと言って、許せることではありませんが、

真面目な男性なりの苦しさや生きづらさはあるのかなと。

 

また、自分の強い意思を持っていない場合も多いので、

本当に妻次第でどうにでもなるのだと私は思います。

と言っても、この真面目な男性の場合、

不倫期間が長いので、

不倫が発覚した時の妻の苦しみや悲しみは相当なものだと思います。

 

まずは、ご自分の心を回復させることを優先してくださいね。

夫婦のことは、それから考えましょう。

 

既婚男性が不倫相手に求めるもの

夫の不倫が発覚し、誰もが女性としての自信を失いますよね。

「不倫相手は私より、魅力的だから夫は不倫をしたんだ」

「夫は、私より不倫相手を愛しているんだ」

このように女性はつい、

自分の相手のことを比べてしまうもので、

考えれば考えるほど辛くなってしまうのだと思います。

どんどん自信もなくなってしまいますよね

 

もちろん、何年も一緒に生活している妻よりも刺激的だし、

恋愛当初のようなドキドキ感もあるでしょう

 

しかし、不倫に夢中になっているのは、

相手の女性が妻より魅力的だからというよりも、

ただ刺激を求めているだけ、現実逃避していることがほとんどです。

だからこそ、行為中の動画や写真を撮ったり、

大胆な言葉を交わしたりすることも多いです。

 

それをまた妻が見てしまうと、

さらにショックを受けてしまうのですが、

決して、相手の女性より自分が劣っている。

私はダメなんだと、真に受けないでくださいね。

不倫相手=心から大切にしている相手

とは全く限りませんから

実際に相手の女性を見たことがある妻は

「たいしたことない」

「全然綺麗じゃなかった」

「ただのおばさん…」

多くの方がそんな風におっしゃっているのも事実です

 

では、既婚男性は不倫という関係に何を求めているのでしょう?

・相手の女性から必要とされることで承認欲求を満たす

・今、抱えている辛さやストレスを発散させる

・現実で感じているネガティブな感情を麻痺させる

などが挙げられます。

どれも不倫をすることで「快の刺激」を得ています。

この「快の刺激」を受け続けることで、その刺激が手放せない状態になってしまうんですね。

つまり、「不倫という関係」に依存します。

「相手の女性がいないと自分は生きていけいない」という錯覚が起こるのもこのためです。

 

では、どうしたら良いのでしょう?

その「快の刺激」は結婚生活と一緒で、時間の経過と共に落ち着いてはきます。

 

落ち着きを取り戻してきたり、妻の働きかけにより

・家族の大切さ

・離婚をした場合、失うものの大きさや背負うリスク

・世間体や、今まで築き上げてきたものの大きさ

・相手の女性の本性

などが気づき始めた場合には、罪悪感や後ろめたさを感じ、今の不倫関係が楽しいだけではなくなるのです。

迷いや不安も生じ始めます。

 

そうなってもらうためにも、妻がいつまでも黙認を続けるのではなく、

夫に、不倫をしていることで、辛さを感じてもらわなくてはならなりません。

不倫に対して、辛さや苦しみを感じないと、何度でも同じことを繰り返してしまいます。

不倫の繰り返しを防ぐというのも妻の働きかけ次第です。

 

彼女がいないと生きていけないという既婚男性の心理

不倫を解決していく途中で、
一番無念でたまらないと思う事は、
不倫をしている夫が「依存」を「本気の愛」だと勘違いし、
『彼女がいないと生きていけない』という錯覚でから、
今まで大切に築き上げてきた家族を見失ってしまっていることです。
 
今まで大切に築き上げてきた家族と
天秤にかける意味など全くないのに…
 
 
不倫が発覚して、
そんなに時間が経っていない男性は
『彼女がいないと生きていけない』という気持ちになります。
 
これはまさに依存で、本当の愛と錯覚しているだけ
 
 
その心理は、繋がりや安心感がほしい、
ということはその裏には寂しさや不安が隠されています。
(不倫をしてしまう男性の中には、
妻との関係で心が満たされないという場合だけでなく、
仕事の責任やプレッシャーを感じている、
仕事や将来の不安を抱えている場合も多い)
 
 
自分の寂しさや不安を埋めてくれるのは、
彼女しかいない
彼女と一緒なら、これからの人生は上手くいく。
だから、彼女なしでは生きていけないのだ。
というただの思い込みなんですよね。
 
 そんな出会って数ヶ月の人と、
今まで良い事も悪い事も含めて、
何年も一緒に頑張ってきた妻とを一緒にしてほしくないし、
簡単に妻に離婚を言い渡すことだけは、
してほしくないなと思います。
 
 
妻側も、そんな時の夫の言い分をまともに受けることなく、
対処をしてくださいね。
 
 
もちろん、そんな夫が目覚めるのも妻の働き掛けがあってこそ
(これ、絶対です)
 
 
この不倫問題が、
夫婦二人がこれからの結婚生活や人生の分岐点と
なったらいいと思いませんか?

 
 
お互いが本気で出した選択なら、本気の結果がついてきますよ。
 
いくらあの時、
「彼女がいないと生きていけない」
と言っていた夫でも、
今は「妻や子供が喜ぶ顔がとにかく見たい!」
という方もたくさん知っています。
 
 
本当に、自分の人生をかけて、
家族を幸せにしたいという気持ちなんですよね。
 
(クライアント様同士でしたら、ご紹介大歓迎です♪
少し先をゆく方の声を聞いてみてみてくださいね)

 

2019/11/05

夫婦再構築の秘訣

COUNSELING
カウンセリングメニュー/料金

BOOK
カウンセリングブック

VOICE
クライアント様の声

REQUEST
探偵?弁護士?

MESSAGE

MEDIA メディアの方へ
コラムなどの執筆のご依頼も承っております。

HOME

メルマガ会員登録

お知らせ

特定商取引法に基づく表示

YouTube & ブログ

カウンセリングブック