夫婦再構築の秘訣

HOME» 夫婦再構築の秘訣 »夫の不倫。最終的には待つこと・委ねることも大切

夫婦再構築の秘訣

夫の不倫。最終的には待つこと・委ねることも大切

妻に不倫がバレて、すぐに、相手の女性と別れる男性はほとんどいません

 

もちろん離婚するつもりはなくても、

まだ相手とは繋がっていたいという下心があったり、

別れたと言って、水面下で繋がっていることが多いです。

(自分の欲求を満たしてくれる存在ですからね)

 

あまりにも簡単に「別れたから」「もう関係ないから」と言われた場合は、

特に注意を払った方が良いと私は思います。

多くの場合、簡単に終わることのない不倫。

どうしたら良いのでしょうか?

 

妻が法的責任を与えたり、強制的に別れさせようとすることは可能です。

しかし、本人の意思で戻ってこなければ、

『不倫に対していけない事をした。』

『妻に申し訳ない事をした』という認識さえなく、全く意味のないものだと私は思います。

 

じゃあ、

不倫を黙認していればいいの?

私が、我慢しなければならないの?

ただひたすら待っていればいいの?

という訳でもなく、

 

 

妻が、妻としての対処をきちんとしたなら、

最後は、待つことや

夫に決めさせることも必要ということ

 

(不倫に対しての対処法は、状況によって違いますので、ここでは控えます)

立派な大人なんですよ。

起こした問題に責任をとる

後始末をきちんとする

周りに対して謝罪や償いをするのは

当たり前のことだと思いませんか?

 

そして、私たち妻も

夫ときちんと境界線を引くということを認識しなければなりません

結婚したからといって、夫は妻の持ち物ではないのです。

夫には、夫の人生があり、価値観があり、意思がある

ということを忘れてはならいと思うのです。

 

いくら結婚しているからとって、

夫を縛り付けることはできません。

24時間監視することもできません

 

夫婦って、所詮あってないような契約の上に

成り立っていますよね。

 

本当に紙切れ1枚でしかないんですよ

その紙切れ1枚の契約に執着している間はとにかく辛いと思います。

 

「なんで、不倫なんてするのよ!」

「私の人生、返してよ!」って

 

でもね、夫の人生を尊重できるっていうのは、

自分の人生も尊重できるということ

同じように、私たち妻だって、自由なんです

 

夫が不倫をしようが、

その責任を背負う必要は全くなく、自分がどうしたいかで、

どんな幸せだって掴めますし、いつだって、自由になれるんです。

 

もちろん、だからといって、夫を野放しにするのではなく

親としてやるべきこと、社会的に責任をとることは

ちゃんとやってもらいましょうね。

 

 

そんな中で、お互いが出した答えが、

「やっぱり一緒にいたい」なのか

「別の人と人生を歩む」なのか、

それとも「お一人様の人生の謳歌する」なのか…

 

一緒にいれたらそれはそれで幸せですけど、

お互いの人生を尊重しあえていたら、

別々の人生でもきっと幸せな選択になりますよ

 

 

2017/03/15

夫婦再構築の秘訣

COUNSELING
カウンセリングメニュー/料金

VOICE
クライアント様の声

REQUEST
探偵?弁護士?

MESSAGE

MEDIA メディアの方へ
コラムなどの執筆のご依頼も承っております。

HOME

メルマガ会員登録

お知らせ

特定商取引法に基づく表示