ブログ

HOME» ブログ »今までの最大の恐怖がそうでなくなった瞬間、様々なことが動き出す

ブログ

今までの最大の恐怖がそうでなくなった瞬間、様々なことが動き出す

多くの人は、夫の不倫が発覚して、計り知れない不安と恐怖に襲われますよね。

この不安と恐怖というのは、クライアント様にとっては、やはり『離婚』

 

 

だからこそ、「離婚はしたくない」

その気持ちが強すぎてしまうと、苦しくてたまらないし、

どんどん夫に依存し、自分を見失ってしまいます。

 

『離婚をされる』のも『別居を迫られる』のも「夫の選択」でしかなくなってしまうのですよね…

 

だからこそ、まずは

「離婚なんか、怖くない」「離婚という選択肢もある」

という自分でいることが大前提

そうすると、締め付けられていたものが、どんどん緩められる

 

私が日々のセッションで、とても大切にしていることの一つです。

 

選択肢のない硬直な状況よりも、

多くの選択肢の中から状況に応じて選べる柔軟性が、あった方がいい。

 

そのためには「気づき」が必要なんですよね。

私は「幸せへの気づき」と呼んでいます。

 

気づくことで、何かしらの選択ができる。

未来を自分で自由に選択することで、これからの人生の可能性が広がるのです。

 

 

そんな中、クライアント様から、こんなに前向きなメッセージをいただきました。

ご了承をいただきましたので、シェアさせていただきますね。

(Yさん、ありがとうございます!)

 


(前略)
先週から離婚もありかも。
そしたら、ずっと自分の好きなことをしてすごせる❤
今まで最大の恐怖だった離婚が、
そうでなくなった途端、(現実が)動きました。

自分の舟に乗った気がします。
旦那は向こうの方で浸水して慌てています。
どっちになっても不幸じゃないし、惨めじゃない。そう思えます。

「(凛さんの言った通りになってびっくり‼)」

 

立花凛 クライアント様の声

 

ありがとうございます。

 

 

私のクライアント様は、元々、バリバリお仕事をされている方がほとんど

 

だからこそ、何が何でも『自立しろ〜!』とお伝えしているわけではないのです。

大切なのは「心のあり方」

 

 

 

 

今日は私もよく使うゲシュタルト療法から、

「ゲシュタルトの祈り」をお伝えしますね。

 

私は私の為に、

あなたはあなたの為に生きている

私はあなたの期待に添う為にこの世界にいるのではなく

あなたも私の期待に添う為にこの世界にいるのではない

 

私は私、あなたはあなた

 

もし私達が偶然にも出会うならそれは素晴らしいこと

もしそうでないのであればそれもまたよし

 

 

 

確かに、当たり前のことなのかもしれませんが、

相手ときちんと境界線を引くことの重要性が

伝わってきますよね。

 

周りがなんと言っても、誰も責任は取ってくれません。

自分で、自分の人生に責任を持たなくてはいけないし、

自分でこれからの人生を決めなくてはなりません。

 

 

私たちは、夫のために存在するわけでも、

誰かのために、生きているわけでもないのですから…
 

自分のために生きる者同士が、一緒になって初めてうまくいくのです。
 

幸せ

2017/11/29

ブログ

COUNSELING
カウンセリングメニュー/料金

VOICE
クライアント様の声

MESSAGE

MEDIA メディアの方へ
コラムなどの執筆のご依頼も承っております。

HOME

メルマガ会員登録

お知らせ

夫婦再構築の秘訣

特定商取引法に基づく表示