夫婦再構築の秘訣

HOME» 夫婦再構築の秘訣 »夫の不倫。「どちらでもいい」と思えたら、絶対に大丈夫

夫婦再構築の秘訣

夫の不倫。「どちらでもいい」と思えたら、絶対に大丈夫

相手の女性どうこうではなく、とにかく離婚がしたいわけでもなく、

でも、本気で家族とやり直そうと思うわけではなく、

自分を犠牲にはしたくない。自由にしていたい。

それができないなら離婚する…

 

そんな最強な自分軸(?!)を持つ夫が増えているように感じます。

(たまたまそのようなクライアント様が集まっているのかな?)

 

妻が黙っていれば、上手くいくタイプ

(妻が耐えているんですもんね、実際は上手くいっていないです)

でも、黙っているなんて辛すぎるし、かといって何か言うと、

「嫌なら離婚すればいいだろ」と。

とにかく俺は変わるつもりはないし、不倫したことも心から悪いとは思っていない

とにかく、手がつけられない…

 

同じように苦しんでいる方、いらっしゃいますか?

花

この状態、本当に辛いと思います。

「離婚はしない」と決めても、夫は容赦なく嘘をついたり、

何かを聞くと「離婚すればいいだろ」と言われてしまうのですから。

もう、グラグラ(涙)

そんな自分も嫌になってきますよね…

 

クライアント様にもよくお伝えするのですが、そういう状態の時こそ、夫のことが気になるし、

疑ってしまうし、不安だし、でも許せないし…

「なんとかしたい!!!」と、とにかく夫に執着している状況です。

 

でもね、旦那様の今の気持ちは上記のように、すでに決まっているのです。

厳しい言い方かもしれませんが、

それに対して、あなたがどうしたいか。ただそれだけ

バラ

 

「それができないから、苦しいのに」

そんな声が聞こえてきそうですが…

 

もちろんお気持ちは痛いほど分かります。

 

 

しかし、苦しい時って、何かに執着している時なんですよね

この場合は「夫」

この執着しているものつまり「夫」が思い通りにならないから

辛いのだし、手に入らないから辛いのです

 

 

「離婚しないなら本気でやり直すべき」

「離婚したいと思うなら、優しくする(普通に過ごす)べきではない」

「結婚しているのに自由にしたいだなんておかしい」

そんな風に、

こうあるべきが強いと苦しみも大きくなります。

 

もしもあなたが、

『まだ離婚する気にはなれないけれど、今の状態も辛すぎる。

どうしたら良いか分からない』

 

そんな時は「どちらでもいい」と思ってみてください。

 

これは投げやりの気持ちで「どうでもいい」とは違います。

「どちらの状態も受け入れる」という意味

 

簡単にいうと、

例えば、夫が「明日は、一緒に食事に行こう」と言ってくれたけれど、直前に「ごめん。急な仕事になったから行けなくなった」と連絡が。

そんな時でも、「じゃあ、友達と行こうかな」

「せっかく時間ができたから一人で行きたかったとこに行こう」

そう考えられるのが

「どちらでもいい」「どっちもいいね」

そんな感じ

 

 

今の私も、夫と一緒にいれて幸せだけど、

いなくても不幸になるわけではないと思っているし、

極端にいうと、これからもいてもいなくてもどちらでもいい

と思っています。

 

そう、

執着を手放すって、「そのものがあってもなくても大丈夫だということ」

 

「どちらでもい」

 

その感覚が今の旦那様との生活にできてくると

やり直すにしても、夫に期待せず、自分も頑張りすぎずこともないから、夫に対して怒りが沸き起こることもないし、

離婚するにしても、夫のことが気になったり、幸せそうにしていてショックを受けることもなく、

あなたの新しい人生を進むことができますよ。

 

 

そして、この境地に立つと、

「私の人生の一部だ。この出来事と共に生きていく」とまで思えるようになるのです。

過去の関連記事はこちら

無理して、夫や過去の辛い出来事を忘れようとする必要はないのです。

 

投げやりの意味ではなく、「どちらでもいい」と思うことができたなら、執着も手放せてますし、

旦那様以上に最強になりますよ。笑

 

夫が戻ってくる戻ってこないというよりも、ここをクリアしたら、この問題は確実に解決しますね

2017/10/11

夫婦再構築の秘訣

COUNSELING
カウンセリングメニュー/料金

VOICE
クライアント様の声

MESSAGE

MEDIA メディアの方へ
コラムなどの執筆のご依頼も承っております。

HOME

メルマガ会員登録

お知らせ

特定商取引法に基づく表示