夫婦再構築の秘訣

HOME» 夫婦再構築の秘訣 »夫の不倫。夫婦はすでに破綻していたと訴える夫

夫婦再構築の秘訣

夫の不倫。夫婦はすでに破綻していたと訴える夫

不倫が発覚すると、開き直ったように

「夫婦はすでに破綻していた」そう訴える夫は少なくありません。

 

あくまでも、「女性と、離婚は関係がない」そう主張したい夫と

「すでに破綻していた」

そう言われてショックを隠せない妻

 

「絶対に破綻なんかしていないのに…」

本当は相手女性の存在があるからなのに、やりきれない気持ちでいっぱいですよね

夕暮れ

本当に破綻していた、そこまで生活が耐えられなかったのなら、

不倫が発覚する以前は当たり前、女性の存在すらいない時に

「離婚話」をしてくるはず

 

しかし、女性と関係を持ったから、不倫がバレてから

「夫婦は破綻していた」「前から離婚したいと思っていた」

「女性の存在と離婚は関係ない」

と訴えてくるのは、ほぼ女性の存在があるからなので、

「夫婦はすでに破綻していたのだ」とあなたが落ち込む必要は,全くないのです。

 

妻であるあなたは

毅然とした態度でいてくださいね

 

 

クライアント様には「夫婦はすでに破綻していた」と

離婚調停を起こしてくる夫に対して、家族で旅行へ行った時の写真や、お子さんの誕生日パーティーの動画などがあればそれが

「破綻していない」証拠となりますので、探してみてくださいねとお伝えしています。

 

 

それが、たとえ別居中や単身赴任となっても、子供がいれば頻繁でなくとも、習い事の送迎をしたり、

家族で食事をすることもあるでしょう。それだって、立派な「破綻していない」証明です。

 

何より、妻であるあなたの証言が大切

「私は破綻したとは思っていなかった」

「夫婦を修復するために頑張っていた」

そう発言することで、夫婦関係の破綻を認められることも少なくなるのですから!

 

そして、大切だなと思うのは、やはり証拠です。

たくさんの「そこまでやる?」「やりきれない現実」を

見ているからこそ、最後に自分と子供の生活を守ってくれるのは証拠しかないと思っています。

 

調査の結果、相手女性との接触が、別居前や夫婦関係の破綻だと訴える以前からあったりすると、立派な「破綻はしていない」

を証明するものになるのです。

 

 

【夫婦関係の破綻はしていない=有責配偶者】

ということで、夫からの離婚はまず認められることはありません

 

このように、夫婦関係の破綻を利用して、不倫を妻のせいにしたり、不倫を正当化しようとする人はたくさんいますが、

私たち妻がきちんと事実を伝えていくこと、

正しさを主張すること、そして足元を固めたり証明したりすることで、夫や相手女性にも、ズルさや嘘では通り抜けられないということを分からせることが必要なんだと私は思います。

 

思い通りなんかさせる必要はないのです。

 

2017/08/07

夫婦再構築の秘訣

COUNSELING
カウンセリングメニュー/料金

VOICE
クライアント様の声

MESSAGE

MEDIA メディアの方へ
コラムなどの執筆のご依頼も承っております。

HOME

メルマガ会員登録

お知らせ

特定商取引法に基づく表示