夫婦再構築の秘訣

HOME» 夫婦再構築の秘訣 »証拠をどう使う?証拠を生かすも殺すも自分次第

夫婦再構築の秘訣

証拠をどう使う?証拠を生かすも殺すも自分次第

夫の不倫

 

「なんか怪しい…」

「絶対に怪しいけれど、認めない」

そんな時、探偵に依頼し証拠をとる方もいらっしゃいますよね。

 

証拠はあなたを守ってくれるものだし、とても大切なもの

 

「離婚したくないのであれば、証拠は必要ない」

というカウンセラーもいますが、

そのようなアドバイスをする方は、普段、緊急性の高いご相談を受けていないのかなと思ってしまいます。

 

関連記事:離婚を考えていないのに、浮気調査は必要?

     不倫を甘く見ない。足元を固めることで自分を守る

 

 

「不倫について、見ない、聞かない、言わないをする」
「夫を信じる」
「待っていればいつか戻ってくる」

そんなことも言われていますが、
大切なことは不倫のリスクはちゃんと分かっていますか?

ということなんです。
 

 

不倫専門で、たくさんの緊急性の高いご相談を受けているからこそ、「離婚したくないからこそ、証拠は必要」

だと私は思っています。

 

お金はかかってしまいますが、調査をすることは簡単です。

大切なことは、

『とった証拠をどう使うか』

 

 

私は、調査をしたことは告げず、いかに再構築に繋げるかということを考え、戦略を立てます。

もちろん途中、「離婚してもいいや」「もう終わりにしよう」

と思うことだって、あるのです。

その時にだって、証拠があるのとないのでは、大きな違いになってきます。

 

 

実際に、多くのクライアント様がすでに証拠をお持ちでご相談に

いらっしゃったり、カウンセリングを始めるのと同時に調査をすることも多いのですが、調査をしたということを知られていない方がほとんどです。

(家を売られそうになった、離婚調停を起こされたなど緊急性の高い場合は、守りに入りますので状況は変わってきます)

 

 

調査会社や弁護士は、証拠を元に

「慰謝料請求をして別れさせましょう」

「相手の家へ行きましょう」という方も多いですが、それで解決するほど簡単なものではないし、

夫も「別れされられた」と言って戻って来ても、全く意味のないものだと思っています。

 

 

「不倫の解決」において、私が大切にしてることは、

・夫がかけがえのない存在に気づき、自分の意思で戻ってくること

・妻が泣き寝入りすることなく、自分で選択していくこと

 

 

そのためには、事実を知ること、受け入れること、

そして戦略やタイミング・・・

本当に様々なものが関係してきます。

まさに、心理戦

夫の不倫

時間はかかってしまうかもしれませんが、

初めは離婚しかないと言っていた夫が→分からない→迷っている

→もう一度やり直したい

と気持ちが変化するということも普通に起こります。

 

 

たとえ、途中で生活費が貰えなくなったり、家を売られそうになったり、離婚の理由を妻のせいに離婚調停を起こしてきたとしたら、その都度対処していけばいい。

証拠があれば、ちゃんと守られますから

 

 

中には本当にあるんですよ。

妻と子供が住んでいる家を売りに出そうとする人が

 

不倫という事実があるのにも関わらず、証明するものがなければ泣き寝入りしかできない・・・辛すぎますよね

 

妻が泣き寝入りすることなく、

やるべきことをやっていった結果、

はじめは不倫を隠し家族の存在さえも否定してきた夫が、

不倫を認め、きちんと生活費を入れてくれるようになったり、

家族ともう一度やり直すとまで思えるようになったなど、

夫の気持ちの変化とともに、

夫婦の関係も変わっていく

 

そのタイミングが本当の意味でこれからのことを決めていくチャンスです。

 

夫の揺れ動く気持ちはあるものの、確実に以前の夫とは違う。

もしも、夫が離婚を選択したとしてもきちんと一人の大人としての責任を果たしてくれる時

戻ってくるにしても、自分の意思で戻ってくる時

 

 

妻は妻で、もうどんな選択をしても大丈夫と思える時

たくさんのクライアント様を間近で見ていて、そう確信しています。

 

2017/06/24

夫婦再構築の秘訣

COUNSELING
カウンセリングメニュー/料金

VOICE
クライアント様の声

MESSAGE

MEDIA メディアの方へ
コラムなどの執筆のご依頼も承っております。

HOME

メルマガ会員登録

お知らせ

特定商取引法に基づく表示